▲▲▲スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲▲▲決意表明

去年一年、ほぼブログをほったらかしにしていましたが、今年は結構動かす予定です。
ここ数ヶ月で会った人には結構話しているのですが、
4月で5年務めた設計事務所を辞めて、最長1年の予定で海外行くことにしました。
(一応休職扱いになりそう、感謝…)

ひとまずずーーーーっと心残りだった英語の勉強をしに、ブライトンに語学留学予定です。
そんな簡単にしゃべれるようになるとは思っていないけど、やらない後悔よりやる後悔ってことです。
その後多分デンマークに行きます。見たい建築や街もたくさんあるから、旅もしたい。

5/4発で飛行機取っちゃった。
がんばろ。

tk.jpg
スポンサーサイト

▲▲▲アメリカ旅行記-9日目/ニューヨーク(マンハッタンとブルックリン)帰国日

携帯を整理していたら、ちょうど一年前に行ったアメリカ旅行の最終日の書きかけの記事が出てきた。
すっかり忘れてたけど、勿体無いので加筆投稿。


忘れた頃にアメリカ旅行の最終日の事を。
最終日に何かしたの?という話ですが、一軒朝ご飯を食べにいったのでその話を。

JFK空港は混雑するので早めに行った方が良いというような事を随所で見かけたので、
この日は二時間ちょい前に空港につくように計画。
しかも3日間の滞在で分かった事は、ホステルから空港に行くのに使う地下鉄の最寄り駅が工事中で入れないため、
迂回ルートを使う必要があるという事...まじか。
成田空港並みに遠いんですね、JFK。
しかも行き方が色々あって、ホテルからピックアップするタイプのバスは直通ですが、
公共交通機関を利用しようとすると、乗り換えがやたら多い...。なんなん。

IMG_0442.jpeg
逆算して、8時の開店に行けば、1時間くらい時間とれそうだな、ということで、
前日夜にいったgrennpointエリアにあるbakeriというパン屋さんへ。
ここも結構色々な雑誌に載っていて、多分メジャーなのはwilliamsburgにある店舗。
現金オンリーです。
写真で見るともっとガーリーな感じかと思ったけど、私が行った方の店舗はそこまででもなかった。
あと、とにかくパンがおいしかった...!
(職場へのお土産はここのパンにすれば良かったと本気で帰国後に後悔しました。)

IMG_0440.jpeg

IMG_0357.jpeg

IMG_0359.jpeg
パンはお土産にして、なんとかボウル的なものを注文。
この文章一年後に付けたしてるので、何故これをチョイスしたかは謎。
お腹空いてなかったのかな…。

店員さんがお揃いのつなぎ着ててかわいかったです。

IMG_0456.jpeg
お土産にしたパン。

さて、その後迷いながら一路空港へ。
なんだかんだ空港まで遠かった。
いままで大都市で空港があんな遠いのって成田くらいだと思っていましたが、
いい勝負というか、上を行きますね!
ヒースローは遠いけど地下鉄乗ってりゃ着きますからね。
IMG_0364.jpeg


さようならコピーしたガイドブックたち…。


なんともいえない機内食。
やっぱり日本発の方が美味しいんだよなぁ…。

とりあえずNYCの三日間は毎日20km歩きました。
人生で1番歩いた。

▲▲▲久々にまとめ

都市や地名が入っている好きな曲のまとめ(個人的にまとめてみたかっただけです)

foals
Spanish Sahara


Jonathan johansson
Stockholm


friendly fires
Paris


Air
alone in Kyoto (lost in translation sound track)



kissaway trail
Sara jevo


宇多田ヒカル
東京NIGHTS
動画見つからず

スーパーカー
SHIBUYA morning


smallpools
American love(ちょっとズル)

▲▲▲3度目のベネチア

仕事だからと思って自粛しておりましたが、10日後に(まさかの3度目の)ベネチアに行ってきます。
4年間働いて、海外出張は初めてなので楽しみです。
1番の楽しみは初ANAかな~。たまたま金額と到着時間がちょうど良いのがこれでした。

うふふ。

忙しすぎて全く準備できてない、




ベネチアビエンナーレに参加してきます。
当時の担当スタッフだったので、ボスの情けで参加させてもらえることに。
三年前にできた建物が、いままたこういった機会をいただけるのは本当に幸せなことだな。

▲▲▲アメリカ旅行記-閑話2 流行のブルックリンスタイルと建築家の仕事

IMG_0339.jpeg
今更Brooklynで3泊したホステルのことを。
色々考えてしまったので。
the local hostels NYC

最近、カフェバー併設の地域に開くようなタイプ(大体内装が似ている)の施設って増えてきたなと感じます。
昔からあったのかもしれないですが、顕著になってきた感覚。
いつかやりたいな~と思いますが、今回泊まった所は凄くO+A(Microsoftを初めとした、主に西海岸のIT企業をたくさんやっている設計事務所)の影響が強い感じでした。
「レンガ+白ペンキ+白タイル+黒枠格子窓」というお馴染みのブルックリンスタイル(だと思っている)と、
「イームズのカラフルチェア(レプリカ)+ラーチ合板+工業製品ぽい大きな照明+グラデーションのタイルカーペット」というO+Aスタイル(だと思っている)の両方が融合されている感じ。
日本にもこの手の施設が増えているので、このままだと情報が行き渡っている国ではみんな似たような、
均一化されたデザインになってしまうのが少し怖いです。
黒縁金文字のショーウィンドウのサインとか。好きだけど。
やっぱりかわいいな~と思う反面、このアイテム使うとどれも似たようになるし、
それなりの完成度にはなるんだよねー、というジレンマも感じました。
(日本はそれでも違和感がある施設もよく見かけるけど…)

ゾーニングはざっくり、カフェ→ソファ→受付け+トイレ→ワーキングエリア→キッチン→部屋という一方向の流れ。
IMG_0153.jpeg

IMG_0347.jpeg

IMG_0335_201601051151584c3.jpeg

IMG_0351.jpeg
エントランス付近のカフェバー。
いつも満席で、夜とかはちょっと騒いでで1人で行ける雰囲気ではなかったです。
最近は先に飲食、奥に受付けという形が多いですね。
ここも結構受付けが奥まっていました。
IMG_0280.jpeg

IMG_0348.jpeg

IMG_0335.jpeg
くつろぎソファエリア。電源が壁面以外にもあれば尚よし。
あと背もたれはちょっと欲しいな~とか。

IMG_0334.jpeg

IMG_0336.jpeg
ソファエリアと横並びの受付と、トイレ。
グラフィックがブルックリンぽい~。
あとexitが雰囲気出てる。

IMG_0152.jpeg

IMG_0334_2016010511515592b.jpeg
コワーキングエリア。the o+aというかんじ(あくまで私の中で)

オリンピック問題じゃないですが、デザインなんて模倣から始まるものだと思うので、この手の流れを否定する気はないです。
でも、もう少しジャンプしてここから新しい個性が生まれていくといいな~と思う。当事者でもありますが。
一方で、確かに圧倒的に日本ぽくはないので、インフィル要素は同じでも、
例えば天井の高さなんかがが違うだけで、結構別物にはなるんだな、とも思いました。

気になったのは、アイテムだけでそれなりのビジュアルになると、
乱暴に言えば誰でもある程度それっぽく内装を手がける事が出来てしまう訳なんで、
このままだとますますデザイナーの仕事が淘汰されていくんだと思います。
いま設計事務所で仕事をさせてもらっている中で、プランや家具の配置・高さ、照度一つでも、
使われ方や人の流れが変わるということを学んでいるので、
その辺に気が回っていないものが増えていくんではないかな、とか。偉そうに。
でも他業界の人間がやってみると発見できる新しい事ってたくさんあるので、その辺共存していけたら楽しそう。
建築家やインテリアデザイナーが思いつかなかった新しい場の作り方って、必ずあると思うので。
そんな事を今回感じました。

でもアメリカは凄く上手だった。何度か書いたけど、力が抜けていて良かった。

IMG_0337.jpeg
壁沿いにはベンチ。
ベンチ、ソファ、オフィス、カフェ、と全てのタイプの椅子が揃っていました。

IMG_0275.jpeg
エントランス→コワーキングエリアの更に奥、
部屋へ上がる階段の手前にあるキッチン。
ここのカウンターでご飯食べてました。

IMG_0331.jpeg
IMG_0434.jpeg
室内。

IMG_0330.jpeg

IMG_0354.jpeg
外観(あまり撮ってなかった)

写真がぶれてるのでお分かりかと思いますが、室内は結構暗めでした。

ABOUT

mic

Author:mic
@tokyo 建築士
建築を巡る旅を長いこと下記綴っています
女子個人海外旅行のあれこれや行きにくい現代建築の行き方などをつらつらと


http://mikukanada.tumblr.com
intressera☆gmail.com
MORE!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。